資格試験独学者のブログ

管理人自身の行政書士試験と社会保険労務士試験の独学に利用するために立ち上げた復習用のブログです。そのため、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありませんが、このブログが読者の資格挑戦の一助となれば幸いです。

当ブログにおける行政書士試験の理解・暗記ノートの書き方

前回の記事で、次回からは理解・暗記ノートを公開していくだけのブログになる、みたいなことをかいていましたが、予定を変更して「理解・暗記ノート」の書き方を説明してみたいと思います。

管理人自身、ノートを作成するのは初めてのことなので、どのように書いて良いのか分かりません。

なので、試行錯誤を繰り返しながらのノート作成になり、その都度、書き方が変わっていく可能性が高いと思います。

今回、紹介する書き方は、現時点での「理解・暗記ノート」の書き方なので予めご了承ください。

書き方を変更する場合は、カテゴリーの「ブログ内容説明」に記事を投稿する予定です。

理解・暗記ノートを利用しやすい読者

このブログは、管理人自身のために立ち上げたブログですが、もちろん訪問される読者の方にも活用して頂きたいと思っています。

ただ、行政書士試験の知識がまったくない状態でこのブログを読んでもあまり意味がないと思うので注意が必要です。

このブログは、読者の方がそれぞれで行政書士試験の勉強をしているという前提のもとに書いていきます。

なので、細かな用語の説明などは書きません。

理解・暗記ノートを作成する範囲

グローバルメニューに設置している「自己紹介」などにも書いていますが、このブログは行政書士試験についての理解・暗記ノートを作成していきますが、行政書士試験の試験範囲の理解・暗記ノートを網羅的に作成していくものではありません。

管理人自身が理解・暗記のしづらい箇所や試験に出題されそうな箇所(これは管理人個人の予想)、重要な箇所に絞って理解・暗記ノートを作成していきます。

ただ、管理人はそれほど頭の性能が良くないので、試験範囲全体の7割くらいはノートを作成することになると思います(笑)。

理解・暗記ノートの書き方

まだ、まったくと言っていいほど書き方は固まっていないのですが、とりあえず現時点で思いついていることを書いておきます。

  • まず、条文を自分なりの言葉にかみ砕いて分かりやすく書いて、その条文の内容を理解する。
  • その後、暗記が必要だと感じた箇所を書く。
  • 特に重要だと感じた語句の説明分みたいなのを書く。
  • 同じ条文が関連する問題(判例なども)でよく間違う問題を書いて、間違えた理由や問題の正解を書く。

とりあえずはこんな感じで書いてみたいと思います。

記事を投稿した後に、後から書き足したい情報が発生した場合は、新しく記事を投稿するのではなく、なるべく最初に投稿した記事に書き足していくことにします。

どうしても新しい記事に書き足した方が良さそうな場合は、古い記事に新しい記事のリンクを貼って読者の方が迷わないようにしたいと思います。

後から書き足した場合は、後から書き足した日時も書いておくようにします。

まだ、考えがまとまっていない状態でこの記事を書いたので、分かりにくくて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

このブログの本格的な更新は7月頃からになると思いますのでよろしくお願いします。